担当Mより、青柳晋 出演情報のお知らせです。

2/23(土)
開催の東京・春・音楽祭「東京春祭マラソン・コンサートvol.3」が
インターネットマルチアングル生中継されます。
パソコン、スマートフォンよりどうぞお楽しみください。
http://harusailive.jp

※ 青柳晋の出演は
19:00開演の
第5部
《ヴェネツィアー ーワーグナーの死~悲しみのゴンドラ》

プログラム
はこちら
http://www.tokyo-harusai.com/program/pdf/fllyer_marathon.pdf

------------------------------------------

担当Mより、青柳晋 メディア情報のお知らせです。

2/18
音楽の友 2013年3月号
〈Concert Reviews〉
リストのいる部屋 vol.6 の演奏会評が掲載されます。
http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/ongakunotomo/


2/20(水)
● 月刊ショパン 2013年3月号
特集 ピアノ公演カレン
ダー
http://www.chopin.co.jp/


------------------------------------------

1/10 2013年第一弾のコンサートは奈良市、秋篠音楽堂でのリサイタルでした。
良い楽器と音響で、演奏家仲間の間で評判の高いホールです。
デパートの6Fにある事もあり、ケータリングなとの買い物もとても便利!
マチネ後に楽器店さんで次のコンサートの楽譜を買って帰りました。
プログラムはオールリストでした。

Photo_2

------------------------------------------

12/1茨城県民文化会館、12/2は三重県文化会館で2台のピアノによる
第九を連続して演奏しました。
伊藤恵先生とは初共演が2006年、今回が10回目の共演となりました。
大先輩の先生は毎回尽きる事のないアイディアを与えて下さるので、
常に新鮮な気持ちで演奏に取り組めます。
オーケストラと大合唱にも負けない素晴らしいリストの編曲によるこの第九、
毎年の恒例行事として定着して行ったらとても嬉しいです。

P1040128

茨城県民文化会館にて

P1040315

三重県文化会館中ホールにて


12/8洗足学園での大学院交流コンサートがありました。
今年のプログラムは、フランス音楽。
学生さん達の企画構成とMCにより今年も盛況に終える事が出来ました。

12/9演奏会の数が集中した12月、4本目はやはり第九。
共演は近藤嘉宏さんでした。近藤さんとの第九もこれで3回目。
たくさんの言葉を交わさずとも通じ合う部分が一層増して
来た様な気がします。ソロはフォーレのノクターンを2曲弾きました。

P1040335


12/13京都コンサートホール、12/14紀尾井ホールにてチェリストの古川展生さんとの
リサイタル。古川さんとの共演はコンチェルトを除き、恐らくこれが4回目なのですが、
実は中学時代に2人は同じ音楽教室に通っていた事があるのです。
それから約30年(!)コンサートでご一緒させて頂ける事はとても嬉しい事だと
しみじみ感じています。コンサートは2回共古川さんの人気で超満員でした。

Photo

写真は東京からわざわざ聴きに来てくれた我が子2人(注:生徒です)。


12/18熊本森都心プラザホールでのリサイタル。こちらのホールは初めてでしたが、
熊本駅前に立った新しい近代的なビルの5Fにあり、とても弾き易いホールでした。

20123

今回は本番中に撮影カメラが入り、宣材用のビデオを撮って頂きました。


12/25浜離宮朝日ホールにて7回目の「リストのいる部屋」。
リストの部屋の今年のゲストをフォーレに決めてから、約半年間ノクターンを
弾き込んで来ました。1年の締め括りとも言うべき大きなコンサートを
無事弾き終える事が出来て胸を撫で下ろしています。
たくさんのご来場本当に有難うございました。

P1040423


来年はどんな1年になるのでしょうか。皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。

------------------------------------------

担当Mより、青柳晋 メディア情報のお知らせです。

12/22(土)、23(日)10:00-14:00
● OTTAVA amoroso
 for weekend
プレゼンター:林田直樹氏(音楽ジャーナリスト)
ゲスト出演
http://ottava.jp

ウェブサイトからもオンデマンドでお楽しみいただけます
http://blog.ottava.jp/ottava_amoroso_wk/

------------------------------------------

担当Mよりお知らせです。

11/21に発売となった「フォーレ:
ノクターン選集」がレコード芸術誌『特選盤』に
選出されました!

Aoyagi_faure

「フォーレ:ノクターン選集」
Gabriel Fauré  Les Nocturnes
Bellwood Records
BZCS-3070 ¥3,000 (tax in)
【収録曲】フォーレ:ノクターン第1番、第2番、第4番、第6番~第11番、第13番

------------------------------------------

担当Mより、青柳晋 メディア情報のお知らせです。

12/20(木)
● レコード芸術 2013年1月号
http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/recordgeijutsu/

● CDジャーナル 2013年1月号
インタビュー
http://www.cdjournal.com


12/21(金)
● The Daily Yomiuri
インタビュー
http://www.yomiuri.co.jp/dy/


------------------------------------------

11/22名古屋の宗次ホールにてリサイタル初出演させて頂きました。
素晴らしいホールだとは伺っていたのですが、豊かな響きにコンディションの
とても良い楽器、
そしてスタッフの方々の心のこもったサポートのお陰で
気持ち良く演奏させて頂く事が出来ました。

メゾピアノ以下の音色を心ゆくまで堪能する事が出来るというのが
こちらのホールの最大の美点だと思います。

P1040019

------------------------------------------

担当Mより、青柳晋 メディア情報のお知らせです。

【RADIO】
11/20(火)、11/27(火) 20:00更新

● 「林田直樹のカフェ・フィガロ」
http://www.blue-radio.com/program/cafe/

音楽ジャーナリスト 林田直樹さんのラジオ番組に2週連続出演させて頂きます。
インターネットラジオ放送局 Blue-Radio.comでの放送です。
下記URLからアクセスしてお楽しみ下さい。

PC:http://www.blue-radio.com/Default.aspx

iPhoneアプリはこちらから:http://www.blue-radio.com/iPhone/

Blue-Radio.comとは?
http://www.blue-radio.com/info/about.shtml

------------------------------------------

11/14福岡銀行本店大ホールにて九州交響楽団とのコンチェルトがありました。
福岡は小学生の頃に住んでいた町であり、九響も当時よく聴いていたオーケストラだったので、
感慨深いものがありました。
何度も弾かせて頂いている福銀ホールはピアノのコンサートに理想的な響きを持っており、
比較的新しいスタインウェイで気持ち良く演奏する事が出来ました。 
曲はベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番でした。

P1030650

---------------------------------------------------------------

担当Mより、青柳晋 メディア情報のお知らせです。

11/
8(木)
● 西日本新聞
インタビュー
http://www.nishinippon.co.jp


11/18(日)
● 月刊ぶらあぼ 12月号
ぴっくあっぷ 巻頭インタビュー
http://www.mde.co.jp

WEBぶらあぼ
http://www.mde.co.jp/ebravo/book/201212/#page=34


● 音楽の友 12月号
インタビュー
http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/ongakunotomo/

● レッスンの友 12月号
表紙&インタビュー
http://www.lesson.co.jp

11/20(火)
● MOSTLY CLASSIC 2013年1月号
インタビュー
http://www.mostly.jp

● ムジカノーヴァ 12月号
http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/musicanova/

● 月刊ショパン 12月号
・素敵なピアノ部屋 special
・日本音楽コンクール「審査員に聞く 今年のピアノ部門の印象」
http://www.chopin.co.jp

● 月刊Piano 12月号
インタビュー
http://www.ymm.co.jp/magazine/piano/

● PIANO STYLE 12月号
インタビュー
http://www.rittor-music.co.jp/magazine/ps/

12/5(火)
● ぴあクラシック vol.25 2012/2013Winter
http://www.mde.co.jp/piaclassic/

---------------------------------------------------------------

10/7桐生市文化会館で3人のピアニストによるジョイント・リサイタルがありました。
メンバーは何と芸大でご一緒させて頂いている迫昭嘉先生と江口玲先生。
今年はドビュッシーイヤーという事で、まずは3人でそれぞれドビュッシーの
ソロ曲を弾き、ラフマニノフの組曲をそれぞれの組み合わせで演奏しました。
休憩後は、モーツァルトの2台のコンチェルトを3台のピアノで共演。
このコンサートのプログラミング、リハーサル、パート決めなど
皆大学のお仕事の合間に少しずつ集っては進めて来た事もあり、
それはそれは楽しい企画でした。
また同じメンバーでこちらで演奏出来る機会があります様に!

Dsc_4815_2

Dscf7694_2

Dsc_4930_2

Dsc_4956_2

Dsc_5072_2


10/13かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホールで、
お馴染みのメンバーでジョイント・コンサートがありました。
このホールは何を隠そう、初めてこの企画のコンサートを行ったホールであり、
実に9年ぶりのホームカミング・コンサートとなりました。
時間が経つのは早いですね。

P1030418

----------------------------

9/29、30は「仙台クラシック・フェスティバル」に初参加させて頂きました。
担当させて頂いたコンサートは3つ。

1つ目はイズミティ21(仙台市泉文化創造センター)大ホールにおける
7人のピアニストによるガラ・コンサート。
デュカスの「魔法使いの弟子」等、初めて音にする曲もあり、
こちらも盛りだくさんで楽しいコンサートでした。

Sencla1

2つ目は仙台市青年文化センター シアターホールでのソロ・リサイタル。
フォーレ、ドビュッシー、リストによる45分のプログラムを弾かせて頂きました。

Sencla2

3つ目は同じく仙台市青年文化センター シアターホールで
長谷川陽子さんとのチェロ・リサイタル。
よーちんこと長谷川さんとは高校の同級生で、なんと今回が初共演でした。
高校時代から溢れる様な才能の持ち主でしたが、今回もラフマニノフの
チェロ・ソナタで素晴らしい演奏をして下さいました。

----------------------------

CDリリースのお知らせです。

Bzcs3070

NEW ALBUM
青柳晋 ノクターン・シリーズ第3弾
「フォーレ:ノクターン選集」
Gabriel Fauré  Les Nocturnes
Bellwood Records
BZCS-3070 ¥3,000 (tax in)
【収録曲】フォーレ:ノクターン第1番、第2番、第4番、第6番~第11番、第13番

● 同時発売

青柳晋 ノクターン・シリーズ第1弾
ジョン・フィールド:ノクターン選集 ーレコード芸術誌 特選盤ー
Bellwood Records
BZCS-3068 ¥3,000 (tax in)
【収録曲】フィールド:ノクターン 第1番~第7番、第9番、第11番、第13番、
正午のロンド
(05.2.9 発売 KQCD-1001 と同内容です)

青柳晋 ノクターン・シリーズ第2弾
ショパン:ノクターン選集 ーレコード芸術誌 特選盤ー
Bellwood Records
BZCS-3069 ¥3,000 (tax in)
【収録曲】ショパン:ノクターン作品15、作品27、作品48、作品62、
作品72-1、遺作「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
(06.4.19 発売 KQCD-1002 と同内容です)

http://www.kingrecords.co.jp/bellwood/

----------------------------

9月はコンサートラッシュの月です。
9/15は軽井沢大賀ホールで恒例のショパンフェスティバルにおけるジョイントコンサート。
お三方とは2003年以来のお付き合いで、なんとこのシリーズは来年10周年を迎えます。
初回から演奏している曲などはさすがに手慣れており、
一心同体、といった感じで合わせられるようになったと思います。

P1020865

2012


9/23は王子ホールでチェリストの江口心一さんとリサイタル共演をしました。
初共演でしたが、江口さんは生で何度も一緒に弾かせて頂いている都響の
チェリストであり、お姉さん(ヴァイオリニストの江口有香さん)は
私の同級生というご縁です。
小品から大曲まで盛りだくさんのプログラムを楽しく弾かせて頂きました。

P1030342

----------------------------

8/18 昨年もお世話になった仙川アヴェニューホールで今年もリサイタルを
させて頂きました。
猛暑にも拘らず、沢山のお客様にお越し頂き、気持ち良くフォーレのノクターンを
演奏させて頂きました。

8/22〜8/24 Hakuju Hall にて
フォーレのノクターンのレコーディングがありました。

この後編集作業を経て、このフォーレが、ノクターン3連作(フィールド、ショパンの
旧作も新レーベルから同日再発売です)の最新譜として11月21日(水)に
発売となります。どうぞお楽しみに!

Avenue_2

8/18 仙川アヴェニューホールにて

Hakuju

フィールドの録音以来のHakuju Hallにて

----------------------------

担当Mより、青柳晋 メディア情報のお知らせです。

【RADIO】
8/12(日)、19日(日)
● 天才ピアニスト 横山幸雄のピアノでめぐり逢い
放送局:TOKYO FM(80.0MHz)
放送日時:2012年8月12日(日)、19日(日)24:30-25:00
出演:横山幸雄(パーソナリティ)、青柳晋、近藤嘉宏
番組HP:http://www.tfm.co.jp/piano/

PC、スマートフォンからは
http://radiko.jp/

【MAGAZINE】
8/17(金)
● 月刊ショパン
・ “3大ピアニスト”鼎談
横山幸雄×青柳晋×近藤嘉宏
・ 秋&冬 来日/日本人公演情報
http://www.chopin.co.jp/

8/18(土)
● 月刊ぶらあぼ ぴっくあっぷ
http://www.mde.co.jp/

---------------------------------------------------------------

7/29、熊本にて、地元スタッフの方の熱意により継続して来た公開レッスンも
早6回目を迎えました。
今回は「熊本市男女共同参画センター はあもにい」に場所を移し、
小学校3年生(!)から社会人までの演奏を1日かけて聴かせて頂きました。


8/4、北海道・蘭越パームホールにてサロン・コンサートに出演。
小樽からニセコ方面に向かって、車で2時間ほど行った所にある品の良い
クラシック専門のホールです。
短い滞在でしたが、オーナーご夫妻はじめ、地元の方々には土地の名物などを
振る舞って頂いたり、
コンサート運営のお手伝いをして頂いたり、大変お世話になりました。
「積丹ブルー」で有名な積丹半島も目と鼻の先、延泊をして観光したい所ですが、
次回の訪問に期待を馳せましょう。

11

21_2

31

41

5_2

開設から9年経つというこちらのホールには、遠く関西から聴きに来るお客様も
いらっしゃるとか。

6

蘭越町の皆様と。

---------------------------------------------------------------

来月のレコーディング、年末の「リストのいる部屋」に向けて
プログラム総入れ替えの時期になりました。
今年のメイン・レパートリーのひとつ、フォーレのノクターン10曲を
少しずつ舞台に乗せ始めています。

7/11、7/18名古屋と表参道のカワイサロンにて
その内6曲を初めて弾きました。
これで4番を残して全ての曲をひと通り演奏した事になります。
最近取り組んだ曲の中で最も覚えがたい難曲群ですが、
作風の異なるノクターンをフォーレの長い一生を辿る様に
弾き進めて行くのはとても面白いです。

Photo

カワイ名古屋にて、司会進行を務めて下さった兼重直文先生と。

Pause

表参道(パウゼ)にて、リストのアヴェ・マリア、葬送も初出しでした。


当日のコンサートの模様は以下のリンクからご覧頂けます。

http://kawai-kmf.com/concert-info/2012/07.18-2/report/

---------------------------------------------------------------

担当Mより、青柳晋 メディア情報のお知らせです。

7/15(日)
● 音楽現代 2012年8月号
コンサート・ピックアップ

7/20(金)
● ムジカノーヴァ 2012年8月号
特集「演奏効果を上げる 重心の設定と移動」
インタビュー
http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/musicanova/

---------------------------------------------------------------

«